ブログトップ

P'z blog

psuke.exblog.jp

光市の事件について

死刑判決がでたそうで・・・。
心底ほっとしています。

長い間本当にお疲れ様でした。


憤りしか感じないこの事件でしたが、差し戻し審のばかばかしい訴えを
日本の裁判所が認めなくて本当によかったと思います。

というかしっかり見抜いてましたね^^;

以下ニュースより抜粋。
裁判所の見解です。

「弁護人から捜査段階の調書を差し入れられ、『初めて真実と異なることが記載されているのに気づいた』とするが、ありえない」

「押し倒して逆手で首を押さえているうちに亡くなった」としたのに対しても、「不自然な体勢で圧迫死させるのは困難と考えられ、右手で首を押さえていたことを『(元少年が)感触さえ覚えていない』というのは不自然。到底信用できない」

「元少年は犯した罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑を免れようと懸命になっているだけだ。反省心を欠いており、極刑はやむを得ない」

元少年の差し戻し審での新供述を「虚偽の弁解をろうしたことは改善更生の可能性を大きく減殺した」と批判。「熱心な弁護をきっかけにせっかく芽生えた反省の気持ちが薄らいだとも考えられる」


そうか。
あの弁護団は「死刑廃止」しようとしているのではなく、
逆に、「この少年を死刑にしてくれるために」結成されたのですね、きっと^^

あんなふざけた弁護がまかり通るとでも思っていたのでしょうか。
「少年が適切な弁護をうける権利がある」とか言ってますが、
そんなもんは当然で、今までだってきちんと弁護を受けていたのです。

大体が「悪意を持って、人一人殺して死刑にならない」なんてのはおかしいんです。

ハイ、質問コーナー

●人が人を裁くなんてまちがっているんです!

カミサマが裁いてくれない以上、人間が裁くしかないんです。


●死刑なんて人権無視だ!

あなたは「殺人」という人権無視な行為をした人間をかばうのですね?


きれい事なんて誰にでも言えます。
きちんと裁判という制度を行い、罪が確定するのであれば
法にのっとり死刑を行うべきなのです。

この話をするとあつくなってしまう自分がいますが、
とりあえずはご遺族の方に心からお疲れ様でしたと言いたいです。
[PR]
by psuke21 | 2008-04-22 17:56 | どうでもよくない話
<< では。 かもすぞ~ >>