ブログトップ

P'z blog

psuke.exblog.jp

自民党に投票したものの戯れ言

ということで、自民党は歴史的な大惨敗を喫しそうですね。



ここまでの波とは正直思いませんでしたが、小選挙区とは怖いモノです。

まず声を大にして言いたいのは「今回の選挙は劇場型なのではないか?」ということです。

さんざ小泉劇場選挙を批判した方が、今TVで全くそういうことを口にしていませんが、「郵政民営化」 「自民党をぶっ壊す」という旗を掲げたあの選挙と、「政権交代」 「自民党批判」という旗を掲げている今回の選挙がかぶって見えてなりません。


いや、それが悪いと言ってるんじゃないんです。
前回も僕は自民党に投票していますし、分かりやすい旗を掲げるのは悪いことではなく、有権者に訴えるには一番よい方法であると僕は思います。


何が言いたいかといえば、民主党に投票した有権者はその責任を持ち、今後「あのときはTVにだまされた」とか「劇場型だった」なんて後々言ってほしくないということです。

あれだけ小泉純一郎を報道したマスコミが、「あれは劇場型だった」「国民はすべてだまされていた」なんて言うのはとても納得がいくものではありません。


ま、何かあった時には、僕には「だからあの時言ったじゃん?」と言う権利があるってことです(笑)


もちろん、民主党がすばらしい政治を行い、日本が凄まじい成長を遂げるかもしれませんし、それならそれで良いことですけどネ。

今後の動きに注目したいと思います。
[PR]
by psuke21 | 2009-08-30 22:03 | どうでもいい話
<< あけましておめでとうございます アマゾンから無駄にでかいボール... >>